コンテンツへスキップ

会員更新

日本語ジェンダー学会の会計年度は毎年、4月1日から翌年の3月31日です。
毎年6月末頃までに、会費の納入をお願い出来れば助かります。
当学会の活動の重要性をぜひご理解賜り、会費納入にご協力下さいますようお願いします。
会員更新手続きに関しては、次の二段階でお願い致します
特に2の更新手続きサイトでの会員情報の更新を忘れずにお願いします。

1.年会費の納入:詳細はこのページの下部に記載→ こちら
2.更新手続きフォームの入力・送信  


下記のプルダウンメニューからいずれか1つを選んでください。

★ 学生会員とは、フルタイムで教育機関に所属している大学生や大学院生。一定収入のある職業に就きながら(学位取得のために)教育機関で研究している方は、学生会員ではなく正会員とみなします。


  記入例
  1)四月今鹿(わたぬき なうしか)
  2)Joshua Bell(ジョシュア・ベル)
  3)陳 語心(チン・ゴシン)
  4)平成大学図書館(へいせいだいがくとしょかん)
    代表者:田母神希(たもがみ・のぞみ)
   ★団体/法人の賛助会員は、団体名の後に必ず連絡代表者名を明記してください。



  
  記入例
  1)九州女子学院大学・准教授(社会言語学・日本語教育)
  2)大阪日本語学校・非常勤講師(日本語教育)
  3)多摩外国語大学・前期博士課程1年(女性学・ジェンダー)
  4)脚本家、フリー編集者、平成新聞社記者、など
  5)平成大学図書館(広報課)、関東男女共同参画センター(企画課)、など
   ★昨年度と同じ場合は、「同じ」とだけお書きください。


  記入例
  1)090-1234-5678
  2)1-212-3456-7890 ← 海外の場合(国番号の前に+をつけないように)


  郵便番号もお書きください。
  海外の方は国名もお書きください。
  記入例
  1)〒100-0014 東京都千代田区永田町1-7-1
  2)5005 Wasserstein Hall 1585, Massachusetts Avenue, Cambridge, MA02138, USA
   ★昨年度と同じ場合は、「同じ」とだけお書きください。



1.年会費を送金した月日および送金額を必ずお書きください。
2.その他、学会への要望などご自由にお書きください。

★学生会員は、必ず鮮明に読める学生証の表裏両面のファイルを、別途メールにて学会事務局(jimukyoku(at)gender.jp)にお送りください。(送信時に(at)の部分を英数半角の@に変えて下さい)


<会費納入による特典>

●学会誌『日本語とジェンダー』の提供(原則として年1回発行)
a. pdf.ファイル:会員サイトで最新1号分をダウンロード
 (年会費納入を確認後、ダウンロード出来る新サイトの会員ページログイン情報をお知らせします)
b. 紙ベースの冊子(希望者のみ):2,000円+送料
 * 団体/法人の賛助会員: a.は不可、b.の紙媒体の冊子1冊を配布します。
●年次大会、研究集会等における会員料金での参加
●投稿、発表などの機会
 *正会員・学生会員:学会誌への投稿、年次大会、研究集会等における研究発表の機会
 *賛助会員:当学会刊行物等への割引料金による広告掲載
●その他会員向け情報提供

<年会費>
当該年度の4月1日からその年度の6月末頃までに早めにお支払い頂けると助かります。
● 会費を2年間滞納した場合は、理事会の議を経て除名となります。
再入会については、理事会の承認を得る必要がありますので、ご注意下さい。

a. 正会員:4,000円
b. 学生会員:2,000円 → 学生証の表と裏両面の鮮明な画像ファイル(.jpg) 提出必要
別途メールで事務局へ送付)
c. 賛助会員:10,000円

 学生会員とは、フルタイムで教育機関に所属している大学生や大学院生
一定収入のある職業に就きながら(学位取得のために)教育機関で研究している方は、
学生会員ではなく普通の正会員とみなします。

<振込み先>振込手数料はご負担下さい
■銀行名:西日本シティ銀行
■金融機関コード:0190
■支店名:折尾支店(店番号:040)
■口座番号:3040866(普通預金)
■口座名義:日本語ジェンダー学会(ニホンゴジェンダーガッカイ)

<クレジットカード決済>海外からの支払いのみ
海外からはPayPalによるクレジットカード払いも可能です。
(学会が受け取る際に数種の手数料がかかるため、次の金額になります。
支払時にはこれ以上の金額はかかりません。)
正会員:4,500円
学生会員:2,400円
賛助会員:11,000円
→ 海外からのPayPal払いはこちら

<領収書>原則として、paperless
銀行送金の場合は、送金伝票を領収書の代わりとします。
所属団体の研究費などで支払う場合で、学会発行の領収書が必要な場合は、別途、財務担当へメールでその旨、ご連絡下さい

a. 国内会員:財務から後ほどメール添付の領収書ファイルをお送りします。
所属の研究費などから支出するために紙ベースの領収書が必要な場合は、国内に限り郵送します。(宛名、但し書き、〒を含め送付先住所、をお知らせ下さい)

b. 海外会員:財務からのちほどメール添付の領収書ファイルをお送りします。
(宛名、但し書きをお知らせ下さい)