コンテンツへスキップ

日本語とジェンダー 第1号(創刊号) 目次

巻頭言 「日本語とジェンダー」刊行にあたって
佐々木瑞枝(日本語ジェンダー学会会長)

『日本語とジェンダー』創刊号座談会 日本語にとってジェンダーとは?

なぜ、いま「日本語ジェンダー学会」か?
日本語ジェンダー学会の守備範囲
ジェンダーと言語表現
どんな時に声が高くなるか?
日本語の美しさとしてのジェンダー表現
作られた言葉としての標準語
「男らしい」言葉、「女らしい」言葉とは?
言葉の社会的背景を見つめる
敬称語のジェンダー
「くん」、「さん」、呼び捨て
ユニセックス化
男性学の視点
声の高さ、再論
ミスター、ミズ、呼び捨て
ジェンダーレスな標準語
ジェンダーの生理と心理
イリイチのジェンダー論
男性の言語表現の変化
ジェンダーの描かれ方

論文1発話行為におけるジェンダー
日置弘一郎

言語現象の記述と分析
フレーム変数
予期理論
タメ口モード

論文2子供向け日本語教材における性別役割分業の描写
渡部孝子

はじめに
先行研究
子供向け日本語教材の分析
まとめ

学会誌バックナンバーのページに戻る