コンテンツへスキップ

日本語とジェンダー 第10号 目次

【寄稿論文】
岡本成子
         
1. はじめに
  2. 女性の話し方を教える実用書や講座の概観
  3. 実用書や講座が勧める女性の「理想的な」話し方
  4. 女性の行動を拘束する規範としての女性の「理想的な」話し方
  5. おわりに:ことばとジェンダーの多様な関係
         
【第10回年次大会 基調講演】
松本洋
         
  ・要旨
  ・講演スライド
         
【日本語ジェンダー学会ウェスタン・ミシガン大学研究例会 講演採録】
ジャン・バーズレイ
         
・はじめに
・女形から『蝶々夫人』まで――日本女性のふりをすること
・中国人の芸者――Zhang Ziyi, Li Gong, そしてMichelle Yeoh
・ アメリカのポップスター――グウェン・ステファニの原宿ガールズ
・日本のプリンセス――誰が天皇の役を演じるチャンスを得るのか?
・ ジャパニーズ(日本語)を世界共通語として教えること
         
【日本語ジェンダー学会ウェスタン・ミシガン大学研究例会 発表論文】
Laura Spielvogel
         
・Abstract / Introduction
  ・Objectives for Learning
  ・Applications for Anthropology
         
示村陽一
         
・ Borderless World and Changing Gender Roles / “Separate spheres” of women at home and men at work
 ・The Americanization of Japan
 ・Declining popularity of marriage and increase of single people
 ・Blurring Boundaries between Men and Women: Feminization of men and masculinization of women
 ・Soshokukei Boys / Shrinking gender distinctions between men’s and women’s language
 ・Conclusion: A Borderless World for Men and Women?
         
【日本語ジェンダー学会ウェスタン・ミシガン大学研究例会 発表要旨】
佐々木瑞枝
         
 ・Character Traits Desirable in Women and Children
 ・Character Traits Desirable in Men
 
立松喜久子
         
【第10回年次大会 発表要旨】
斎藤理香
         
【第10回年次大会 シンポジウム:ビジネスの中でのジェンダー観】
原田邦博
         
  1. はじめに
  2. 事例①「おしんを 嫁に 見せたいの」
  3. 事例②「女子アナ」
  4. 事例③「女性○○」
  5. まとめ
         
日置弘一郎
         
橘・フクシマ・咲江
         
【研究ノート】
陳一吟
         
  1. はじめに
  2. 先行研究
  3. データ及び研究方法
  4. ジェンダー表現の使い方に男女の差があるか
  5. ジェンダー表現はどのようなときに何のために用いられるか
  6. 結論
         
【日本語ジェンダー学会制作DVD紹介】
佐藤勢紀子
         
 

 

学会誌バックナンバーのページに戻る