コンテンツへスキップ

第6回年次大会(東京外国語大学)

日時:2005年6 月 5日(日)10:30 - 17:00
場所:神田外国語大学二号館、三階 2-301教室
参加費:2000円(会場費、資料代、茶菓子代)

プログラム
総合司会 因京子(九州大学留学生センター助教授)・渡部孝子(群馬大学助教授)
10:00-10:30 受付
10:30-10:40 会長挨拶 佐々木瑞枝(武蔵野大学教授)
 
顧問挨拶 国広哲弥(東京大学名誉教授)
 大会実行委員長挨拶 HIDASI Judit(ヒダシ・ユディット;ハンガリー共和国教育省・国際交流部・副部長、神田外語大学・国際コミュニケーション学科・教授)
10:40-12:10 フォーラム「『源氏物語』と『竹取物語』を通してみたジェンダー」
 コーディネーター:佐々木瑞枝(武蔵野大学大学院教授)
 パネリスト:佐藤勢紀子 東北大学国際交流センター教授
       高木香代子(スペイン)アウトノマ大学助教授
 司会:日置弘一郎(京都大学教授)  
12:10-12:30 学会総会 
12:30-13:30 ランチタイム
13:30-14:30 基調講演「Gender in the Korean Language」
 Han, Heungsik(釜山大学教授)
 通訳:菅野 裕臣(神田外国語大学韓国学科教授)
 司会:門倉正美(横浜国立大学教授)
14:40-15:10 
研究発表1「平安貴族の「正妻」-藤原道長の「妻」を中心として-」
 園 明美(法政大学非常勤講師)
 司会:小川早百合(聖心女子大学助教授)

15:20-15:50 研究発表2男性タレントが用いる女性語の機能と視聴者の許容度を探る」
 崔 美貴(武蔵野大学院 言語文化専攻)
 司会:松井幸子(三重大学名誉教授)

16:00-17:00 ビデオ鑑賞「物語りを通してみる日本語とジェンダー『竹取物語』と『鶴の恩返し』」日本語ジェンダー学会制作
17:30-18:30
 懇親会 

<大会の様子> 学会ウェブサイトの無断転載やリンク付けはご遠慮下さい>

 年次大会一覧へ

Copyright © 2001 The Society for Gender Studies in Japanese
All rights reserved