コンテンツへスキップ

第13号-第十四回学会

 

第十四回 年次大会

 

桜美林大学町田キャンパス

東京都町田市常盤町3758

JR横浜線「淵野辺」駅より無料スクールバスで約8分

 

 

 

 

日本語ジェンダー学会第14回年次大会
2013年7月6日(土)10時30分~17時(10時から受付)
場所 桜美林大学町田キャンパス
学会参加費 3,000円(大学院生を含む)
10時50分~
実行委員長挨拶 穐田 照子(桜美林大学准教授)

11時~12時

基調講演 ポール・スノードン氏(杏林大学 副学長)

「ジェンダーの文法;文法のジェンダー

(The Grammar of Gender; the Gender of Grammar.) 」

12時~12時30分 ジェンダー学会総会
12時30分~13時30分 昼休み

13時30分~15時

シンポジウム 「翻訳から見たジェンダー表現の諸相」

日本の文学作品が英語に翻訳される際に日本語の「ジェンダー表現」の諸相が英訳でどのように加訳、意訳、減訳されているか、また英語の小説の日本語訳ではどうなっているのか、を見るものです。
3人のパネリストにはそれぞれ異なる作家をとりあげていただきました。
どんな翻訳論が展開するのか楽しみです。

パネリスト

ポール スノードン氏(杏林大学副学長)
    矢野安剛氏(早稲田大学名誉教授)>
    斎藤理香氏(Assistant Professor, Western Michigan University)

コーディネーター・司会
    佐々木瑞枝(武蔵野大学院名誉教授)

15時10分~16時50分
研究発表

研究発表申し込み締め切りを、6月15日(土)に延期致しました。
日本語ジェンダー学会事務局まで、発表要旨を1200字程度にまとめ、
ワード・ファイルでお送りください。

16時50分
閉会の挨拶
懇親会 17時30分~19時

場所は、ガヴェ・デルソーレ 桜美林店です。

〒194-0034 町田市矢部町2693-4
電話: 042-798-0028

 


日本語ジェンダー学会事務局

穐田(あきた)研究室内
Tel:042-797-9421


メール連絡先 jimukyoku@gender.jp

 


学会誌第13号目次に戻る

 

Copyright © 2001 The Society for Gender Studies in Japanese All Rights Reserved.