コンテンツへスキップ

学会誌11号-研究ノート2(河崎)

中国の若い女性のことばを探る
―中国男女口癖調査を中心に

河崎みゆき

要旨:性差によることばの違いに関する研究は1960年代のアメリカに起こり、70年代末ごろから日本で盛んに研究されてきたが、 中国では1980年代に陳原『言語与社会』(1980)、陳松岑『社会語言学導論』(1985)などで言及されたのがはじめとされている。近年その差が少なくなってきたという報告はあるものの、日本語においては老若男女のことばの違いが見られるが、 日本語にくらべると中国語は一般的に性別や年齢別の差は少なく、女性ことばの研究も十分ではない。まして「若い」 女性のことばの研究ということにあまり目をむけてこられなかった。本稿は先行研究を踏まえながら、 日本において研究の紹介もほとんどされてこなかった中国語の音韻、語彙、表現の面に関する性差を紹介し、 そして新たに口癖調査を通じて中国語の若い女性のことばを探るものである。
 
キーワード:中国語 ことばの性差 女性ことば ヘッジ表現 口癖
1.女性のことばに関する先行研究
中国のことばの性差に関しての研究は、孫汝建(1996)や楊春(2010)でもこれまでの研究を振り返ってまとめてられているが、 中国独自の研究であげられるのは、女編漢字とその意味の関係、「妻」や「愛人」などの呼称の問題、 女性を形容する成語の問題など文字や語彙に関する研究、また湖南省に残る女文字「女書」などがある。だが、 話しことばの研究においては、そのほとんどが、1.外国語研究者による国外の理論と英語、日本語、ロシアのことばの性差の紹介、2. Lakoffなどの欧米の学者の概念の枠組みを中国語にあてはめて描写しただけのものがほとんどで、楊春(2010) は中国語独自の視点から実証的に研究されたものがすくなく、いまだに国外理論の導入に留まっていると指摘している。
 
筆者は中国語の話しことばに注目しており、まずその先行研究の紹介および、ヘッジ表現の面からは筆者の観察も合わせて報告したい。
 
1.1 音韻面
 
音韻の面の研究でいえば1980年代に曹耘「北京話語音里的性別差異」(1986)などの研究で、北京に「女国音」 という現象があることが報告されている。「女国音」とは北京の若い女性が中国語の舌面音「j/q/x」を舌先の音である「z/c/s」 に近い音で発音する現象で、16-35歳ぐらいの若い女性に特有の現象であり、結婚後には消失すると言われている。
 
張金良等(2007)では男性に比べ女性の話し方は柔らかく、この効果を出すために女性は口をすぼめて発音したり、 特定の音の調音点を前にずらして発音すると報告している。近年、若い女性、中でも芸能界の女性が台湾や香港の音「港台音」 を真似て、調音点を前にし、巻舌音の「zh/ch/sh」を「z/c/s」の響きのある音で発音したり、 中央電視台のアナウンサーにさえこの現象が見られたという。こうすることにより軽やかに、可愛く、 甘えた女性らしい音に聞こえる。
 
声調の面では、女性は男性よりすこしおおげさなイントネーションを使い、「真的(ほんとう)?」や、 「哟(あら、えっ)!」などでは上り調子で、音を長めに発音し、驚きが強調されている。(同)
 
1.2  語彙の上の特徴
 
1.2.1  語気助詞と感嘆詞の使用
 
語気については、曹志贇(1987)が口述文学『北京人』の10篇を男女の語気助詞使用に関して統計分析している。その結果、 疑問文の中で、疑問の語気助詞「吗、呢、吧、啊」等の女性の使用率は72%、 男性の使用率は平均33%であった。請願文中でも女性では48%、男性では28.5%の出現率と女性に多い。また主語の後に「啊」 をつける現象「我啊(私がさぁ)」、列挙の後に「啊、啦」をつけるということもほぼ女性の特徴といえるようだ。 ただし、この「啊、啦」を付ける現象は、若い女性より、中高年の女性にやや多いと指摘されている。
 
感嘆詞も、女性は「哎呀(ええっ)」、「天哪(まぁ)」、「帅呆了(かっこいい)」など、喜びや驚き、 残念などの感情を表すものをより多く使うという報告がある(李箐、2007)また「啧啧(チェッ)」 の賛嘆の舌打ち(中国語では不平不満だけでなく、日本語の「チェッ」以上にさまざまな働きがある)や同意の「哦,哦」 などの相槌の使用は、筆者も中国マッサージ店の若い女性との会話の中などで、しばしば観察している。
 
1.2.2  罵りことばの使用の制限
 
罵りことばの使用は中国人男性の一つの特徴とされるが、荒っぽくて下品なことばは女性には不釣合いで、 女性の罵りことばでは男性よりややや柔らかいことばが使われている。(李箐、2007)
 
1.2.3  程度副詞の使用
 
曾燁(2006)では中央電視台で2005年6月から2006年2月に放送された「面对面」、「新闻会客厅」、 「共同关注」という3つの番組を話しことばの資料としてスクリプト化、程度副詞の性差による使用を調べている。 調査結果によると呂叔湘の1980年の5分類の程度副詞のうちよく現れる「很(とても)」と「比较(わりあいに)」 では男女の差はあまりないが、口語的な「挺(とっても)」類、程度の高い「非常(ひじょうに)」類では女性の使用が多く、 一方、男性は「好、老、特、蛮」などの方言的色彩の強い程度副詞の使用が多いことがわかった。また女性は「很多很多 (とてもとても)」や「非常好、非常好(とってもいい、とってもいい)」などの重ね形式の使用も好むことがわかった。 この調査によれば、程度副詞の使用率が最も高かったのは「高等教育を受けた若い女性」であり、 スクリプト1000字あたり22.2回使用しており、教育程度の低い老年女性で7.1、同老年男性で4.7となっている。
 
1.2.4  ヘッジ表現の使用
 
英語においても女性は断定をさけ、I think , you know ,I mean , I supposeやwell , perhaps , kind of、sort ofなどのぼかす言い方を使うとされているが(宝建東2007)中国語においてもそれが言えるようだ。
 
・「覚得」、「我想」の使用
 
I think ,you know , kind of、 sort ofなどのヘッジ表現は、中国語でいえば「觉得,我想(と思う),也许 (かもしれない),恐怕(おそらく)」「什么的(みたいな),等等(など),有点(ちょっと),有几分(ちょっと)」 に相当する。
 書籍化されたCCTV(中央電視台)の番組「対話」(南海出版公司)の第一章の対話を集計してみたところ、2人の大学院生 (清華大学博士課程の女性と、北京大学修士課程の男性)および、マイクロソフト副総裁(男性)との対話において、 「觉得,我想」の使用率は、博士の女性と修士の男性では22対11と女性の方が使用が多かった。 中国人の氏名は外国人には男女の区別がつきにくいが、この点に注目するだけで、男女の別を推測することができた。
 
・いいきりの「・・・那种。(みたいな、そんな感じの)」の使用
 
筆者の観察では後ろに具体的名詞の来ないいいきりの「・・・那种。(みたいな、その手の)」が若い女性のヘッジ表現として、 自然会話でも、QQというチャット上、またTVのトークショーでもしばしば観察される。
(1)華中科技大学博士課程の女性
 汗~~我就是不爱动脑的那种~所以才觉得给我现成的公式好~~
 冷や汗だわ~。私って頭を働かせないそんなタイプ。だから(物理とか)の公式のほうがいいって 感じ。
 (QQチャット2008/9/9 22:04:09)
 
(2)若い女性が街角インタビューに答えて
 “她就是笑起来给人感觉,就说特别开心的那种。”
 「彼女って笑うとさ、すっごく面白いそんなタイプ。」
 (香港フェニックステレビ、トークショー「鲁豫有约」2009.5.7)
 
(3)若い人気女優・姚晨が司会者とのトークで
 姚晨:好像不是瘦肉的那种。我们酷爱吃的。我那时候呢。
 姚晨が言った。 「たぶん赤身のあんなのじゃなくて。私たちが好きなのは、あの時は・・・」
 (香港フェニックステレビ、トークショー「鲁豫有约」2009.5.7)
 
(4)人気キャラクター兎斯基(TOZIKI)の作画者(20代女性)王卯卯がブログで
 我去影院买了爆米花回来,拿一粒捏碎放到地上,因为太咸和甜都会损害动物健康,所以 特意选的没有味道的那种。
 映画館に行ってポップコーンを買って一粒をねじって地面に投げてやったの(スズメに)。だって、あんまり辛いのや甘すぎるのは動物の体に悪いから、特に味のないそんなのやつを選んだの。 
(MOMOhttp://blog.sina.com.cn/wangmomo2010-01-22 03:36)
 
(5) 20代の若者作家韓寒(男性)は「・・・那种表情。(あの種の表情)」などと「・・・那种」のあとに具体的な名詞(説明)をつけていたが、司会者魯豫(女性)は「・・那种。」といいさしていた。
(香港フェニックステレビ、トークショー「鲁豫有约」2008.9.26)
 
(6)恋人募集番組「非誠勿擾」(2010年~2011年)でもしばしば若い女性出場者の「…那种。」の使用が観察される。2011年6月から2011年1月まで(出場者入れ替えの関係から毎月1回)同時期の放送8回分をチェックしたところ、「…那种。」の使用は女性出場者で10人、男性出場者の使用は2人だった。
 ある女性出場者:我就喜欢大男子主义那种。
わたしが好きなのは亭主関白みたいな(タイプ)。
(「非誠勿擾」江蘇衛視  2010.9.25)
2.口癖調査
中国語の話しことばの性差の研究は十分でないため、日頃、華中科技大学の学生のチャットやおしゃべりを観察するうちに、 男女で使う、口癖のようなものが違うことに気がついた。そこで、インターネットのアンケート専門サイト (问卷星www.sojump.com)に「若者男女の口癖調査」(http://www.sojump.com/jq/118595.aspx)を作り、 学生に頼んで口癖を記入してもらった。期間は2009年7月31日から9月20日までで、15歳~29歳までの男女80名からの回答があった。 (男41人、女38人(1該当外)、80名中8名高校生ほかは大学生。)サイトは公開サイトだが、普段通りかかることはまずなく、 直接学生およびその友人たちに記入をお願いし、その数と一致している。
調査内容:ここで「口癖」とは「よく使うことば」として、いくつかの例を挙げて示した。記入は自由記入であるため、一人で5つのことばを回答しているものもあった。
 次に、若者男女に対する調査だけではことばの年齢差がでないために、2009年9月および2011年2月に補足調査を高学歴の中高年(30歳以上60歳未満) の男女に対して行った(http://www.sojump.com/jq/134634.aspx)。 中高年男女の回答数は合計66人(男性32人、女性34人)である。 こちらも人に紹介してもらって書き入れてもらったため属性の精度と信用性が高い。またこの2つのアンケートでは、 自分の口癖だけでなく、若い男性と中高年男女には、彼らからみた若い女性の口癖についても尋ねた。
 もちろん、この数値だけで中国人すべての口癖の男女差を測ることは不可能だが、合計145名の男女の回答を丹念に調べ、 手始めの段階として高学歴男女のある一定の言語使用の傾向がうかがえたと思う。なお口癖の分類、分析、 日本語訳にあたっては中国人研究者2名と中国人大学院生2名にも確認してもらった。
 
2.1  中国若者男女の口癖調査(15-30歳)男41人、女38人
 
表1
年齢 15-20歳 21-25歳 26-30歳
  30.38% 65.82% 3.8%
表2
地域 武漢 北京 上海 長沙 広州 その他
56.96% 6.33% 2.53% 3.8% 2.53% 17.72%
属性高校生8名、そのほかは華中科技大学の学生及び彼らの友人
 
2.1.1  若い女性の口癖調査 
 
表3
傾向分類

ことば

*[ ]は回答数、()は日本語の意味
1 いやだなぁ系 [20] 晕[6]、晕死[2]、我晕、昏 (くらっ)[10]
郁闷(ユウウツ)[6]
我倒(ドテッ) 恶心(吐き気がする)
受不了了(たえられなーい) 麻烦(めんどうくさいなぁ)
2 おどろき系[14] 我的神啊、天啊!(あ~、ええ~そんなぁ)[4]
不会吧!(まさかぁ)[2]
我的妈呀!(えっ、なんてこと)[2]
这(こ、これは~)[2]
啊?(え?)哇塞~(わぁ、すごい)
额滴神啊(ええ~そんなぁ)=我的神啊の方言
3 しょうがない系[6] 囧(がっくし)[3] 无语(絶句)[2]
纠结(こまったなぁ)
4 罵り系(相手へ) [15] 滚[2]、去你的、扯(あっち行って、やめて)[4]
你好烦啊(うるさいわねぇ)
有病、神经病 (病気じゃないの、神経質ね)[2]
你是猪吗?(アホじゃないの?)猪(アホ)
腿腿儿,奶奶个熊(ファッキュー)
你个亚麻(この売女)(亚麻は日本語で「やめて」と叫ぶこと) 
有捡了(掘り出し物) 屁 (意味な~い)
低调~(調子に乗らないで)
5 からかい系[3] 嘿嘿(へへへ)强烈鄙视你~~(軽蔑するわ)
鬼嘞~ (うそこけ)<武漢語>
6 疑問系[8 ] 为什么呢?(なんで)[2] 是吗?(ほんと?)[3]
这样子啊(そうなんだぁ)[2] 是吧(でしょ)
7 同意系[6] 好(ええ) 好呀(いいわ) 那好吧(じゃ、いいわ)
哦 (ええ、わかった) 随便 (どうぞ、好きにして) 
8 英語系[11] ft (くらっ 英語のfaintの略)[2]
oh my god[3] gosh~~ [2](ええっそんな~)
really (ほんと?) go your way (あっちいって)
what (え?なに)
9 その他[3] 没有(ないわ) 太夸张了吧(おおげさねぇ)
还好(まぁまぁ)
コメント1:わからない
若い女性の調査では、日本のマンガの「くらっ」の訳から来ているとも言われる流行語「晕(くらっ)」が一番多く、 「郁闷(ゆううつの)」などの1いだやだと情感を表すもの、4軽い罵り、2.驚愕を表すものが傾向として多くみられた。 3(しょうがない系)も、1(いやだな系)に近い感覚で用いられることもある。文脈や態度、語気によって、 4(罵り系)はユーモアにも罵りにとも使えるため、単純な集計分析はできないがおおよそこのように分類は可能だ。
 
全体として、困惑、ため息、驚嘆が多く、8(英語の口癖使用)があることが特徴であると指摘できる。 現代中国では英語教育が小さいころから盛んで受験に勝ち抜き、高い英語力を持つ大学生が英語を使うことは筆者の体験でもしばしば観察される。
 
またここに上がった罵り系の語彙は「去你的(あっちへいって)」などのように、男子の罵りことばに比べると罵り度は低く、 甘えて使う場合も多い。「额滴神啊(あらまぁ)」など人気ドラマ「武林外伝」の登場人物(女性女将) が使った陝西地方方言(09年流行語的)の回答もあった。「囧(がっくし)」、「无语(絶句)」、「 郁闷(ユーツ)」も「晕(くらっつ)」と同様に流行語である。
 
2.1.2  若い男性の口癖調査
 
表4
傾向分類

ことば

 *[ ]は回答数、()は日本語の意味
1 いやだなぁ系 [24] 我靠[9]操[2]我日[2]叼(操)(くそっ!ファックユー)=[14]
我晕![3]晕[4]我晕死(くらっ)= [8]
切(ちぇっ)   悲剧(みじめ)
2 しょうがない系[5] 囧[2]囧死了~、太囧了~(がっくし)=[4]
我没办法了(しょうがねぇ)
3 驚き系[2] 我的天啦(ええっ)  雷死了(あ~わけわかんない)
4 罵り系[12] 想死?(死にたいのか) 吐了(吐き気がする)
奶奶的、妈个疤子、罵了个比的、汗妈的(ファッキュー)
挫(二声)(情けねぇ) 闹眼子吧(嘘つけ、うるせ)(武漢語)
扑街(うせろ)  你狠 (あんたが大将)
老流氓(チンピラ) 2b(バカ)
5 からかい系[13] 搞笑吧、笑?、好玩吗?[3](おもしろいだろ)
开玩笑(じょうだんだよ) 有没搞错啊(間違ってんじゃない?)
顶你个肺、放屁吧(うそこけ)
哈哈哈哈哈哈哈哈哈哈(はははははは)
大姐(ねえちゃん) 哥(あにき) 大帅哥(イケメン)
小美女(美人さん) 变态(ヘンタイ)
6 疑問系[3] 是吧(そうだろう)   怎么办呢?(どうしよう)
搞么事?(何やってんだ)(武漢語)
7 同意系/肯定系[10] 恩(うん)
好的(いいね) 真好(ほんとにいいね)
没关系(だいじょうぶ) 慢慢来(ゆっくりやんなよ)
是这样(そうだね) 就这样(そうしよう)
是的(そう)[2]
真那不得了(すごいね)
只要你快乐,我无所谓的啦(君さえいいなら、僕はどうでもいいよ)
8 英語系[1] 服了you (おまえにはまいったよ)
9 その他[7] 平常心(平常心)  蛮……(とても…)
不是(いや)    是寂寞(さみしい)
没有(ない)    那有什么(どうってことないよ)
コメント1:わからないという
コメント2:雲南地方の方言をつかっている
 
同じ否定的心情を表す1の「いやだなぁ系」では若い女性のそれに比べると、「我靠、操、我日」などの「くそっ・ファックユー」 といった圧倒的に汚いことばの使用が特徴である。ただし、「我靠、操、我日」 などは年配の人にとっては罵りことばでそのなかでもとくに汚いとされるが、若者にとっては他人に向けていうことばとではなく、 チェッなどのような不満の吐き捨て程度として使われている。また女性に比べて驚き系(まぁ、あれ!)の類が少なく、 英語系も少ない。(ただし、筆者の観察では大学内では男子学生もイエ―など英語語彙を使っている)。 「闹眼子吧(嘘つけ、うるせー)」(武漢語)、「搞么事?(なにやってんの)」(武漢語) などの武漢語(方言)の使用や、「雲南の学生は方言を使っている」という回答もあり、男子は方言を使うことも多いようだ。 7の肯定・同意系も比較的多い。女子同様「囧」「晕」また「悲劇」といった流行語も上がっている。
 
2.2  中高年男女口癖調査
 
中高年男女(30-60歳)に対しても同様の口癖を尋ねる調査と、同時に若い女性以外からみた若い女性の口癖調査を行った。
 
若い女性ことばを中心に論ずるため、ここでは、中高年男女の口癖調査は傾向のまとめにとどめたい。
 
中高年男性グループの年齢は今回の調査では、その多くが30-40代で比較的若く、ほとんどが高学歴であったため、 1.2に関しては若い男性と似通っている。大きな特徴は「好的(ええ)」「OK(いいよ,OK)」「不错(いいねぇ)」 などの同意・肯定系が多いこと、「我看...(思うに)」「我说(あのさ)」「你认为呢? (どう思う?)」などの「前置きことば」があること。これは若者のアンケートの回答にはない。このことから、 社会人成人男性として他者とのコミュニケーションを重視しているということが考えられる。また、 武漢人が半数に近かったことを反映して武漢語の口癖もいくつか見られる。
 
中高年女性では、1(いやだな系)に若い女性と同じ「郁闷(ユーツ)」が多いものの、おなじうんざりの意味でも 「煩(わずらわしい)」の回答が多かった。また中高年男性同様、同意・肯定系が多く若い人にほとんど見られなかった前置き系の 「我跟你说(あのね) 」などがあること、「到哪里去?(どこへいくの)」 「你这衣真好看(その服きれいね),在哪里买的?(どこで買ったの?)」 「这宝宝长得真好(かわいいあかちゃんね),多大啦(なんさい?)」「恰饭(吃饭) (ごはんたべた?)」などの相手への関心を示すことばがあげられていることが特筆できる。
 
筆者の中国での生活体験の中でも、中年女性からよくは「你好(こんにちは)」という教科書的挨拶ではなく、 「吃饭了?(ご飯を食べたか)、「上班去?(仕事にいくのか)」、「买菜了(買い物?)」、「多少钱? (いくらだった)」のようなことを聞かれる。また服がきれいだとか、いくらだったかという話題も多い。相手への関心の高さ (それを示すこと)が現れている。
 
2.3  若い男性、中高年男女から見た若い女性の口癖
 
表5
若い男性から見て 中高年男性から見て 中高年女性から見て
1 いやだなぁ系[27] 我晕、[3]昏(くらっ)
恶心[2](吐き気がする)
郁闷[2](ユウ-ツ)
无聊(つまんなーい)
好烦哪(めんどう)
靠(ファックユー)
汗(あせッ)
晕死(らっつ)
郁闷[3](ユウウツ)
烦死了、心里烦(うざいなぁ)
气死了(全く腹立つ)  
晕[3]我晕(くらっ)
我倒(ドテッ)
浮云(はかない)
掉得大(ついてないわぁ)  
2 驚き系[4] 呃(えっ?)
咦(えっ?)
天哪!(ええ?) 雷死人的 (びっくりしたぁ)  
3.しょうがない系[1]     囧(がっくし)
4 罵り系
[35]
变态!!(ヘンタイ)
滚[3]、死一边去、去死!(あっち行って)
讨厌(キライ!)
屁(何言ってんの)
猥琐(だらしない)
算了(もういいわ)
真让我抓狂(頭が変になりそう)
我一口盐汽水喷死你!(辛いソーダ一口吹いてあんたを殺してやる)(喜劇ドラマ《爱情公寓》の台詞
变态[2](ヘンタイ)
去死(あっち行って)
讨厌[3](キライ)
qie!(ちぇっ)
你这个死人!(役立たず!)
你瞎说什么呀、放屁(何言ってんの)
好拽啦!(調子にのらないで)
鄙视(軽蔑するわ)
晕菜(勘弁してよ)
讨厌[2](キライ!)
少来(やめてよ)
你黑我(びっくりさせないで)
照业(ほらみたとおり)
信你邪(信用できないわ)(武漢語)
有无搞错 (なにいってるの)
太没追求(だらしないわね)
紧搞(いつまでやってんの)(武漢語)
真的蛮欠喷啊(説教されたいの?)
是个人都烦了(まったくうざいいんだから)
莫紧说(ぶつぶつ言わないで)(武漢語)
5 からかい系 [5] 好衰嘎你(ついてないわね、あんた) 妹妹(おじょうさん)
美女(びじんさん!)
大哥(おにいちゃん)
说一两句算了捏(手短にね)
6 疑問系(5) 是吗?[2](そうなの?)
搞么bi? (何してんの)
为什么?(なんで?)
真的假的(うそほんと?)
   
7 同意・肯定系[14] 真有意思(ほんとにおもしろい) 太可爱了!、好可爱哟(かわいすぎ~)
哦(ええ)
好(いいわ)
嗯(うん) 
没事(なんでもない)
哦(ええ)
好可爱喔(かっわいい)
好漂亮好(きれいねえ)
Q啊卡哇伊(カワイイ(音訳) 
好口耐(キャワいい)
冇得问题(問題ない)(武漢語)
8 英語系(4) fuck! 耶-(yhea)   I服了U[2](負けたわ~)
9 あこがれ系
[13]
张公子,帅哥(イケメン、かっこいい) 帅呆了、帅呀!、酷
(かっこいい)
酷毙了、好帅啦!
好酷啊(かっこよすぎる)
帅哥(イケメン)
酷 (かっこいい)
好酷呀、超牛喔、炫酷
(かっこよすぎる)
9.その他
[18]

长得就像```(…に似てる)
不是的(ちがうわ)

コメント1:みんなぶりっこしているのでよくわからない)
コメント2:統一的な答えはない

拜脱(おねが~い)
知道啦(わかった)
马上(すぐやるわ)
恐怖(こわい
听别人讲(あのさ)
コメント:よくわからない
拜托[2](おねがい)
撒(武漢語終助詞)
嗨(Hi) 
听别人讲(人にきいたんだけど)
吃饭冒(ごはんたべた?)(武漢語)
多吃点(たくさんたべて)(武漢語)
我(私)老师(先生)
流行(流行)考试(テスト)
コメント:わからない
若い女性の口癖をほかの3つの言語集団からみた調査であるが、1(いやだなぁ系)ではほぼ若い女性の自覚と同じ流行語 「晕(くらっ)」の指摘がかなりある。2(驚き系)は観察が少ない。4(罵り系)でも、はやり「讨厌 (いや~ね)」や「滚(あっちいってちょうだい)」のようなことばが多く、これらは友達や、恋人などに甘えて使うことも多いことばだ。
 
特筆すべきは3つの言語集団ともに、9(あこがれ系)を指摘していることである。つまり、「帅呆了(かっこいい)」 とか「酷(素敵)」といった男性賛美だ。それは、もしかすると観察であるというより、 若い女性がいいそうだというイメージである可能性もあるが、本人たちの回答には全くなく、 他の集団からみて若い女性がいうことばとして回答されているところが興味深い。また「拜脱(おねが~い)」 という甘えの口癖も中高年男女から指摘されている。日本のアニメの「かっわいい~」の訳といわれる「好可爱」 の使用も多く上がっているが、筆者もファンシーショップなどで女子学生がよく使っているのを耳にする。
3.まとめ
現代中国語は日本語のように人称詞や終助詞など誰にでもよく見える形でその差が存在していない。だが、 先行研究および今回の調査等により、音韻、語彙、表現、口癖においてもやはり男女、年齢の差はあることは分かった。 ことに口癖調査からみると、若い女性(高学歴)女性は、「暈、郁悶」などの流行語系のぼやきをし、「滾」や「去死」など 「あっちへいって」という甘えにも取れる罵り程度の低い罵りことばを使い、英語の使用、驚愕・感嘆の多用などに特徴があると言える。
 
聞き取りにおいては、表5の若い男性の指摘にもあるように「長得像」(あのひとまるで○○みたい) という比喩を多用するという意見もあったが今回は実証するには至っていない。流行語の使用も日本の雑誌やアニメの中から生まれた 「暈(くらっ)」のみならず、「可愛(かわいい)」、「的説(でしょう)」なども観察される。チャットにおける 「~」の多用もあり、寿岳章子(1979)『日本語と女』にある女性週刊誌での「~」の多用とも重なるところがありそうだが、 この2年間の観察では「~」や日本語由来とされる「的説(でしょう)」など、当初若い女性が多用していたことばや記号がその後、 若い男性にも使われてるようになってきている。また当初若者の間にしか使われなかったことばで、 今では中年女性も使用するようになった若者ことばの例「哇塞~(わぁ、すごい)」などもある。 流行は動態であるだけに誰のものとはとどめがたい。が、若者がいち早く流行語を使い、男女で好んでつかわれることばに違いがあることがいえそうだ。
 
口癖に関して言えば、今後、地域差や低学歴に注目してに調査を行えば方言や罵詈の程度が高くなるだろうと予測される。
 
中国語の性差について、もしことばの上の差として現れづらいとすれば中国語ではジェンダーがどう捉えられているか、 非言語や修辞、子女教育、女性の立場と言語の通時的研究など、さまざまなアプローチを試みて行けば、 もうすこし独自の現象が明らかになる可能性があると思う。中国語をジェンダーの観点から研究することで、 中国語と社会との関係がより一層見えてくるだろう。
 
この研究ノートは2009年9月南京大学で開催された「日中若者ことば研究会」での発表を元に、日本語に翻訳、加筆整理したものである。
 
参考文献
 
  • 寿岳章子(1979)『日本語と女』, 岩波書店
  • 宝建東 (2007)「从女性话语模式看女性语言特点」,『遼寧工程技術大学学報』
  • 曹耘  (1986)「北京話語音里的性別差異」,『漢語学習』
  • 曹志赟 (1987)「語气詞运用的性別差異」,『語文研究』
  • 陳松岑 (1985)『社会語言学導論』, 北京大学出版社
  • 陳原 (1980)『言語与社会生活』, 三聯書店
  • 李箐 (2007)「論女性話語風格」, 華中范大学修士論文
  • 孫汝建 (1996)「性別語言研究的回顧与展望」,『雲夢学刊』
  • 王德春,孫建汝,姚遠 (1995)『社会心理语言学』, 上海外语教育出版社
  • 徐大明 (1997)『当代社会語言学』, 中国社会科学出版社
  • 楊春 (2010)『性別語言研究』, 光明日報出版社
  • 曾燁 (2007)「口語中程度副詞使用的性別差異」,『修辞学习』
  • 張金良,祁淑  (2007)「女性言語的語音変異特点」,『衡水学院学報』
河崎みゆき かわさきみゆき 華中科技大学外国語学院日本語学科講師)


目次に戻る

Copyright © 2001 The Society for Gender Studies in Japanese All Rights Reserved.