コンテンツへスキップ

学会誌10号-第10回年次大会 発表要旨(斎藤)

言語政策論における日本の女性語の位置づけ

斎藤 理香

 
I. 概念
1.言語政策の 理論/枠組み
2. 「女ことば」「女性語」
3. 言語政策としての女性語の問題
       応用可能な理論とアプローチ
II. 事例
1. 明治~大正時代にかけての 女性語“政策”
2. 現代における 女性語“政策”
 
参考文献一覧
 
I-1. 言語政策の 理論/枠組み (いくつかの具体例)
 
    ・ 席次計画 status planning - 実体計画 corpus planning (Kloss, 1969); and 習得計画 acquisition planning (Cooper, 1989)
・ 政策化 policy approach - 洗練化 cultivation approach (Neustupny, 1974)
・ 標準語化 standard language - 組織的改善 methodical improvement (Tauli, 1974)
・ 生態学的アプローチ ecology of language(Haugen, 1972)
・ 3つの方向性 language-as-problem, language-as-right, language-as-resource (Ruiz, 1984)
・ イデオロギー ideological approaches (e.g. Tollefson, 1989)
・ 巨視的 言語管理 macro language management - 微視的 言語管理 micro language management (Kuo & Jernudd, 1993)
・ 集権化した centralized – 分権化した decentralized (Tollefson, 1981); 国家 governmental – 国家以外の集団や個人 non-governmental (Tollefson, 1991)
・ 公然;公式;法文化された overt; official; de jure – covert; 隠れた;非公式;事実上の unofficial; de facto (Schiffman, 1996) 
日本の言語政策
・ 国語審議会(文化審議会 2000~)
標準語
正書法 –– かなづかい/漢字制限/カタカナ表現/印刷書体
敬語(敬意表現)
・ 文化庁国語課
  ことばシリーズ、その他の出版; 世論調査 
・ 国立国語研究所
  日本語についての基礎研究 
・ 国際交流基金
  海外における日本語教育支援
・ その他
  NHK; 国語学会; 日本語教育学会;自治体 など
文科省による英語教育政策 など
 
I-2. 「女ことば」「女性語」
 
・ 「言語イデオロギー」「言説によって形成された信念・知識・規範」 (中村、2007)
・ 「女性に実際使われないのに、女性の“声”の代理としてふるまうことば」 “Vicarious language that universally presents and speaks for the voice of Japanese women that is not theirs”(Inoue、2006)
・ 「女性に特有の言語形式、話し方などについての規範的な考え方」 “A normative concept indicating women’s use of specific forms and manners of speech” (Saito、2006)
 
I-3. 言語政策としての女性語の問題 -- 応用可能な理論とアプローチ
 
1) Overt/Covert Language Policy (Schiffman, 1996)
  Overt (Explicit) Language Policy:
   法律、規則、教育課程などの公的文書において明確に記述され、言語政策として一般に認められるもの (stated explicitly through official documents, such as national laws, language standards, curricula, etc. )
Covert (Implicit) Language Policy:
   公的文書としてではなく、事実上 機能している、非公式な、生活上でのみ認められるもの (derived from examining a variety of de facto practices –– informal, unstated, grass-roots)
 
2) Power, Agency (Foucalt, 1978、1982; Butler,1990など)
 
・ 「パワー」“power”–– 1) 目に見えない; 隠された
 
2) 個人を権力に抵抗する「行為体」agencyとする
・ 「行為体」“agency” – 規範から外れた言語実践によって権力機構に抵抗し、揺るがす力 をもつ
日本の「女性語」を機能させるCovert Language Policy (Saito, 2005):
「女性語」は、
 
・ 言語政策(overt language policy)としては文書化されていない–– covert
・ ジェンダー政策の一部として機能してきた(いる)–– power
・ 女性が使用することによって「女性語」たり得てきた–– agency
 
II-1. 明治~大正時代にかけての 女性語“政策”
 
・ 「女性語」は、教育政策の中で立てられた、性別分業を基本としたジェンダー政策として機能し,言語政策(国語政策)とは区別された
 
II-2. 現代における 女性語“政策”
 
・ 規範としての「女性語」の問題性は、例えば敬語(敬意表現)が「自己表現」「相互尊重」という機能を果たすと論じられる中で、ジェンダーの差異が語られなくなっていくという形で薄められていっているのではないか。
 
参考文献
  • Butler, Judith. Gender Trouble: Feminism and the Subversion of Identity. New York: Routledge, 1990.
  • Cooper, Robert L. Language Planning and Social Change. Cambridge: Cambridge University Press, 1989.
  • Foucault, Michel. The History of Sexuality. Translated by Robert Hurley. Vol.1. New York: Pantheon Books, 1978.
  • -------“The Subject and Power.” In Michel Foucault: Beyond Structuralism and Hermeneutics, edited by Hubert L. Dreyfus and Paul Rabinow. Chicago: The University Chicago Press, 1982: 208-226.
  • Haugen, Einar. The Ecology of Language. Stanford, CA: Stanford University Press, 1972.
  • Inoue, Miyako. Vicarious Language: Gender and Linguistic Modernity in Japan. Berkeley: University of California Press, 2006.
  • Kloss, Heinz. Research Possibilities on Group Bilingualism: A Report. Quebec: International Center for Research on Bilingualism, 1969.
  • Kuo, E.C.Y. & Björn H. Jernudd. “Balancing Macro-and Micro- sociolinguistic Perspectives in Language Management: The Case of Singapore.” Language Planning and Language Problems. No. 17 (1993): 1-21.
  • Neustupny, J.V. “Basic Types of Language Planning.” In Advances in Language Planning, edited by Joshua Fishman. The Hague: Mouton, 1974: 37-48.
  • Ruiz, Richard. “Orientations in Language Planning.” NABE Journal Vol 8, No. 2 (1984): 15-34.
  • Saito, Rika. “Constructing and Gendering Women’s Speech: Integrated Policy of Language through School Textbooks in Meiji Japan.” U.S.-Japan Women’s Journal. No. 30-31, 2006: 132-159.
  • -------Building and Maintaining Women’s Speech: Covert Language Policy and Gender Construction in Japan. Ph.D. dissertation. University of Pennsylvania, 2005.
  • Schiffman, Harold. Linguistic Culture and Language Policy. NY: Routledge, 1996.
  • Tauli, Valter. “The Theory of Language Planning.” In Advances in Language Planning, edited by Joshua Fishman. The Hague: Mouton, 1974: 49-67.
  • Tollefson, James W. “Centralized and Decentralized Language Planning.” Language Problems and Language Planning. Vol.5 No.2 (1981): 175-188.
  • -------Alien Winds: The Reeducation of America’s Indochinese Refugees. New York, Praeger, 1989
  • -------Planning Language, Planning Inequality: Language Policy in the Community. London: Longman, 1991.
  • 中村桃子『「女ことば」はつくられる』東京:ひつじ書房、2007
(斎藤理香 さいとうりか ウェスタン・ミシガン大学 外国語学部 助教授)
 
 
 
Copyright © 2001 The Society for Gender Studies in Japanese All Rights Reserved.